ヘイトの経験や目撃をした方への安全アドバイス

ヘイトを経験したときに考慮すべき 5 つの事柄

1.まずは安全に: 直感的に周囲の状況を判断します。危険を感じた場合、できればその場を離れます。

2. 平静を保つ: 深く息をして。目を合わせるのを避け、手振り身振りで中立な見方で対応し続けます。

3. 口を開く (安全に行える場合): 安定した穏やかな口調で、一定の距離を保ちながら、相手の行為や言葉への異議を伝えます。

4. 直接の支援を求める: 周囲の人に支援や介入を求めます。

5. 精神的支援を求める: 安全だと思えたら、人に働きかけて起きたことを話す時間を取ります。あなたに非はなく、一人ではないことを忘れないでください。

 

ヘイトを目撃した助けとして行うべき 5 つの方法

1. 行動を取る: 標的の人に近づき、自分を紹介し、支援を申し出ます

2. 話をよく聞く: 行動を取る前に話を聞いて、標的の人の希望を尊重します。必要に応じて状況を監視します。

3. 攻撃者に目を向けない: 慎重になり、声や身振り手振りを使ったり、感情をそらしたりして、状況をなだめようとします。

4. 付き添う: 状況がエスカレートしたら、一緒にその場を去ることを標的の人に勧めます。

5. 精神的に支える: 今どのように感じているかを聞いて標的の人を支えます。その人が次にしたいことを明確にする助けとなります。